Your achievements

Level 1

0% to

Level 2

Tip /
Sign in

Sign in to Community

to gain points, level up, and earn exciting badges like the new
Bedrock Mission!

Learn more

View all

Sign in to view all badges

SEmori
SEmori
Offline

Badges

Badges
7

Accepted Solutions

Accepted Solutions
0

Likes Received

Likes Received
3

Posts

Posts
11

Discussions

Discussions
11

Questions

Questions
0

Ideas

Ideas
0

Blog Posts

Blog Posts
0
Top badges earned by SEmori
Customize the badges you want to showcase on your profile
Re: ワークスペースプロジェクトのPDFをスケジュールまたはダウンロードした際に表示が途切れてしまう - Adobe Analytics 05-09-2022
Hi @Pradeep_Kumar_Srivastav , This is translated Japanese version and original English article is linked in above. Appreciate if you could check it.> Workspace Project truncated when scheduling or downloading PDF > https://experienceleague.adobe.com/docs/experience-cloud-kcs/kbarticles/KA-20022.html

Views

192

Like

1

Replies

0
ワークスペースプロジェクトのPDFをスケジュールまたはダウンロードした際に表示が途切れてしまう - Adobe Analytics 02-09-2022
【問題/事象】ワークスペースプロジェクトのPDFをスケジュールまたはダウンロードすると、以下の例のように表示が途切れた行が含まれます。 【解決手順または回避手順】表示が途切れたフリーフォームテーブルで、[デフォルトの高さに戻る] アイコンをクリックし、プロジェクトを保存してから、ワークスペースプロジェクトを再スケジュールまたはダウンロードします。 【原因】この動作は折りたたまれたパネルと同様であり、パネルが折りたたまれたままで PDF をダウンロードすると、パネルは展開されません。同じ理由で、[デフォルトの高さに戻る] アイコンをクリックして、表示が途切れたフリーフォームテーブルを展開する必要があります。 <留意事項>・上記は以下記事の翻訳となります。Workspace Project truncated when scheduling or downloading PDF, Sep 2, 2022, https://experienceleague.adobe.com/docs/experience-cloud-kcs/kbarticles/KA-20022.html, (参照 20...

Views

225

Likes

0

Replies

2
Adobe Experience Platform Debugger を使用して、テスト用の埋め込みコードを設定する方法 - Adobe Analytics 20-07-2022
【問題/事象】非本番環境で Adobe Experience Platform Debugger を使用してタグを検証する際に、埋め込みコードをより簡単に設定する方法について教えてください。 【解決手順または回避手順】以下のヘルプページのとおり、ユーザーは埋め込みコードを直接入力することができます。 ・Adobe Experience Platform Debugger を使用した埋め込みコードのテストhttps://experienceleague.adobe.com/docs/experience-platform/tags/publish/environments/embed-code-testing.html?lang=ja ただし、ユーザーは Adobe Experience Platform デバッガーにログインすることで、埋め込みコードをより簡単に設定することも可能です。 検証が必要なサイトのページにアクセスします。Adobe Experience Platform Debugger を起動し、概要情報が表示されていることを確認します。上部の [Sign In] リンクか...

Views

109

Likes

0

Replies

0
イメージリクエスト発行の際、無効な値で変数を上書きできない - Adobe Analytics 20-07-2022
【問題/事象】イメージリクエスト発行の際、無効な値では既存の変数の値を上書きできません。この問題を再現する手順の例を次に示します。 手順 1. s.t() メソッドを呼び出し、以下の値を送信します。 eVar1: Old value eVar2: Old value 手順 2. 新たなオブジェクトを作成し、再度 s.t() メソッドを呼び出して上書きします。 var y = new Object(); y.eVar1 = “”; y.eVar2 = “New value”; s.t(y); 結果: 以下の値が送信されます。eVar1 は空の値では上書きされません。 eVar1: Old value eVar2: New value 【環境】AppMeasurement for JavaScript 【解決手順または回避手順】Analytics の値を上書きするには、有効な値を指定する必要があります。 ・変数のオーバーライドhttps://experienceleague.adobe.com/docs/analytics/implementation/js/overrides.html?...

Views

66

Likes

0

Replies

0
他のユーザーが作成した Data Warehouse リクエストをキャンセルする方法 - Adobe Analytics 20-07-2022
【問題/事象】他のユーザーが作成した Data Warehouse リクエストをキャンセルしたい。どのようにすればよいですか? 【解決手順または回避手順】リクエストのキャンセルは Adobe Analytics 管理者が Data Warehouse リクエストマネージャーから実行できます。 組織のシステム管理者は、Admin Console を使用して Adobe Analytics の製品管理者権限を付与することにより、ユーザーに Adobe Analytics 管理者の役割を与えることができます。(https://adminconsole.adobe.com) ・Data Warehouse リクエストの管理https://experienceleague.adobe.com/docs/analytics/export/data-warehouse/data-warehouse-requests-manage.html?lang=ja <留意事項>・上記は以下記事の翻訳となります。How to cancel a “Data Warehouse” request created b...

Views

84

Likes

0

Replies

0
Adobe Analytics で顧客属性が「未指定」として表示されます。 - Adobe Analytics 15-06-2022
【問題/事象】Adobe Analytics で顧客属性が「未指定」として表示されます。 【解決手順または回避手順】以下の場合、「未指定」と表示される場合があります。これは仕様どおりの動作です。 その Experience Cloud ID(ECID)が、有効な顧客属性値を持たない他の顧客 ID にマップされている場合。これは、一つのマシン/ブラウザが複数の認証されたユーザーによって使用された場合に発生することがあります。一つの顧客 ID へのトラフィックを生成した ECID が複数あり、Experience Cloud(顧客属性)で同期されていないものがある場合。例として、3つの ECID 123、456、789 が顧客 ID へのトラフィックを生成したとします。そのうち ECID 789 が同期されていない場合、ECID 789によって生成されたトラフィックは「未指定」と表示されます。 顧客属性の詳細については、以下のページを参照してください。 https://experienceleague.adobe.com/docs/core-services/interface/servi...

Views

254

Like

1

Replies

0
Adobe Analytics によって認識される検索エンジンのリストを取得するにはどうすればよいですか? - Adobe Analytics 09-06-2022
【問題/事象】Adobe Analytics で認識される検索エンジンのリストを入手したいです。 【解決手順または回避手順】 オプション 1 「有料検索検知」メニューで、Adobe Analytics に登録されている検索エンジンをすばやく確認できます。 1) Adobe Analytics にログインします。2) 管理者 > すべての管理者 > レポートスイート に移動し、レポートスイートマネージャーの「設定を編集」メニューから 一般 > 有料検索検知 を選択します。3) 「検索エンジン:」のドロップダウンメニューで検索エンジンを確認します。 オプション 2 データフィードの lookup_data フォルダー内に含まれている「search_engines.tsv」ファイルから、Adobe Analytics によって認識されている検索エンジンのリストを取得できます。 <留意事項>・上記は以下記事の翻訳となります。How can I get the list of Search Engines recognized by Adobe Analytics?, June 7, 2022,...

Views

124

Likes

0

Replies

0
「s_sq」Cookie の発行を停止する方法について - Adobe Analytics 07-06-2022
【問題/事象】「s_sq」Cookieの発行を停止したいのですが、その方法がわかりません。 【解決手順または回避手順】「s_sq」Cookie は、Adobe Analytics の Activity Map 機能において、訪問者がクリックした場所とクリックした内容に関するデータを保存する Cookie です。 この Cookie の発行を停止するためには、下記の ClickMap に関する設定を変更します。 ・Adobe Experience Platform のタグの Adobe Analytics 拡張機能の LINK TRACKING 設定で ClickMap を有効化している場合は、「Enable ClickMap」のチェックを外します。 ・また、Adobe Analytics 拡張機能のカスタムコードで「s.trackInlineStats=true」を記述して ClickMap を有効化している場合は、「s.trackInlineStats=false」に変更します。 (参考情報)・trackInlineStatshttps://experienceleague.adob...

Views

83

Likes

0

Replies

0
リンクトラッキングのヒットがページ URL に関するマーケティングチャネルの処理ルールによって処理されない理由 - Adobe Analytics 30-05-2022
【問題/事象】以下のようなマーケティングチャネル処理ルールがあるとします。ページ URL にクエリー文字列パラメーターとして「mid」が存在する場合、「Email」チャネルに分類されます。 ただし、場合によっては、以下の 1. のような「mid」クエリー文字列パラメーターを持つページ URL が「Email」チャネルに分類されず、別のチャネルに分類されることがあります。 1. http://www.example.com/home.html?mid=123 【解決手順または回避手順】サーバーコールのタイプが、ページビューではなくカスタムリンクなどのリンクトラッキングであるかどうかを確認します。タイプがリンクトラッキングの場合は、仕様どおりの動作です。 【原因】アドビのデータ収集サーバーでは、すべてのリンクトラッキングイメージリクエストからページ URL ディメンションを除外します。そのため、1. のようなページ URL であっても、リンクトラッキングの場合にはマッチングルールは機能しません。 https://experienceleague.adobe.com/docs/analyti...

Views

162

Likes

0

Replies

0
フリーフォームテーブルビルダーでレポートを作成する際の分類(ブレイクダウン)の項目数の制限 - Adobe Analytics 25-05-2022
【問題/事象】Adobe Analytics の Workspace の機能の 1 つであるテーブルビルダーでレポートを作成する場合、行とは異なり、分類の項目数は 5 つに制限されます。 【解決手順または回避手順】現時点では、テーブルビルダーで設定できる分類の最大項目数は 5 つです。従って、5 つ以上の分類結果を表示するためには、まずテーブルビルダーで 5 つの項目を含むレポートを作成してから、必要な分類を手動で追加する必要があります。 例えば、「行:10 項目」と「分類:5 項目」を設定した場合、レポートの結果では上位 5 項目のみがブレイクダウンされます。その場合には、レポートを生成した後に下位の 5 つの項目に対しても手動でブレイクダウンを追加することで、10 個の項目すべてがブレイクダウンされた結果を確認できます。もし次のページにもレポートが存在する場合は、10項目、つまり手動で設定したブレイクダウンの数が次のページにも反映されるので、次のページで再度設定する必要はありません。 <留意事項>・上記は以下記事の翻訳となります。A limitation which the num...

Views

121

Like

1

Replies

0