Expand my Community achievements bar.

Learn about Edge Delivery Services in upcoming GEM session

Adobe Experience Manager: AEM as a Cloud Serviceの自動リリース時にデプロイされるカスタムコード

Avatar

Employee

Note: This is a Japanese translation of an Adobe Experience League Knowledge Base article. Click this link for the original English version.


【目的】
AEM as a Cloud Serviceでは、製品の最新版を自動リリースする時にカスタムコードのデプロイもクラウドマネージャーの実稼動パイプラインを通じて行われます。
本記事では自動リリースがどのコミットのカスタムコードを使用するかをご説明いたします。


【環境】
AEM as a Cloud Service


【対応方法】
最新版を自動リリースするパイプラインは、直近で本番環境に反映されたカスタムコード(Gitリポジトリーのリリースタグ付きのブランチ)を使用します。
一番最新のコミットではないため、作業中の最新のカスタムコードが本番環境に公開されてしまう心配はありません。


<留意事項>
・上記は以下記事の抄訳/翻訳となります。
KB記事タイトル(英語) . Adobe Experience Manager as a Cloud Service: Which commit of custom code will be deployed during the automated update, September 20, 2022, https://experienceleague.adobe.com/docs/experience-cloud-kcs/kbarticles/KA-20609.html, (参照 2022-09-22).
・本記事にいただいたコメントへの返信はお約束できません。あらかじめご了承ください。

0 Replies