Expand my Community achievements bar.

July 31st AEM Gems Webinar: Elevate your AEM development to master the integration of private GitHub repositories within AEM Cloud Manager.

削除途中のページが非表示のままリポジトリに残る

Avatar

Employee

【問題/事象】
サイトコンソール(http://localhost:4502/sites.html)では見えないページが、CRXDE Liteではリポジトリにノードとして存在し、そのノードにdeletedプロパティとdeletedByプロパティがついていることがあります。
本記事では、この事象について原因と対応方法を説明します。

 

【環境】
AEM as a Cloud Service、AEM 6.5

 

【対応方法】
管理者ユーザーのインボックスでRequest for Deletionワークフローの通知を探し、Deactivates the pageステップとRequest for Deletionステップをそれぞれ完了にします。

 

【原因】
公開権限のないユーザーがページを削除すると、そのページはサイトコンソールで非表示になり、Request for Deletionワークフローが始まります。
次の流れのとおり、ワークフローが完了するまでページのノードはリポジトリに残っています。

 1. 公開権限のないユーザーがページを削除
 2. そのページはサイトコンソールで非表示になる (ページのdeletedプロパティとdeletedByプロパティが付与される)
 3. Request for Deletionワークフローが始まる
 4. 管理者ユーザーのインボックスにワークフロー通知が届く
 5. 管理者ユーザーがワークフローステップを完了にする
 6. 実際にページのノードが削除される

 

<留意事項>
・上記は以下記事の抄訳/翻訳となります。
KB記事タイトル(英語). The page to be deleted is hidden but remains in the repository , April 22, 2022, https://experienceleague.adobe.com/docs/experience-cloud-kcs/kbarticles/KA-19240.html, (参照 2022-04-25).
・本記事にいただいたコメントへの返信はお約束できません。あらかじめご了承ください。

0 Replies