Expand my Community achievements bar.

Learn about Edge Delivery Services in upcoming GEM session

アプリケーションサーバーのサポートポリシー

Avatar

Former Community Member
利用しているアプリケーションサーバに対して修正プログラムを適用し、バージョン番号が更新された場合には、原則的は下記のようなサポート対象となっています。



■WebSphere



WebSphereの場合、FixPackを適用すると点で区切られた三つ目の数値が更新されます。 例えば、Version 5.1にFixPack1を適用するとVersion 5.1.1となります。 このFixPackの適用に伴うバージョン番号の更新はサポートの対象とされます。 (5.1.2,5.1.3など)



■WebLogic



WebLogicの場合でも、三つ目の数値が適用済みのサービスパックのバージョンを示しており、今後発行されるサービスパックの適用を行った場合でもサポート対象となります(Version 8.1.4, 8.1.5, 8.1.6など)。 一つ目、もしくは二つ目の数値が更新される場合(例えばVersion 8.2.0)、サポート対象とはされません。



■JBoss



上記二つの製品と違い、JBossではバージョンが「3.2.5」であることが必須です。 仮にバージョンが3.2.7に更新された場合でも、サポートの対象とはなりませんのでご注意ください。 但し、バージョン番号以降に修正を示す文字が付加される修正プログラム(例えば"3.2.5 RC1")の適用はサポート対象の範囲内となります。
0 Replies